会社概要:経営理念・沿革

経営理念

時代のニーズにあった製品を最高の技術で心をこめて製造し
常に、 より高品質のコンクリートを社会に提供し
豊かな社会の創造と社会的使命を達成するよう努めます。



沿  革

1970年9月 東京都千代田区内神田1丁目15番10号に生コンクリートの製造販売を目的として上陽レミコン株式会社設立 資本金2,300万円。
1975年9月 上陽工業株式会社(草加工場、朝霞工場、東京工場)を合併し、資本金6,900万円となる。
1977年4月 草加工場を関東コンクリート株式会社(旧会社)に譲渡する。
1997年11月 朝霞工場、工業標準化優良工場として関東通商産業局長賞を受賞する。
2001年6月 城北小野田レミコン(株)及び関東コンクリート(株)傘下に置く。
2004年11月 東京工場、高強度コンクリート国土交通大臣認定を単独取得。
2007年2月 東京工場、日本工業規格適合性認証取得する。(認証番号TC0306115)
2015年4月 朝霞工場分離独立、朝霞太平洋生コン株式会社となる。
2016年1月 東京工場S&B工事完了。